RE​:​do

by 8 to 7

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥500 JPY  or more

     

1.
2.
3.
04:00
4.
04:57
5.
6.
7.
8.
9.
10.
01:36
11.
04:02
12.
13.
14.
15.
01:40
16.
02:52
17.
18.
19.
20.
01:56
21.
22.
23.
03:03

about

release date:10/27/2013
at:M3 autumn
price:500 JPY

2009年~2013年の作品をまとめたものです。
Track23は、bandcampでのリリース用に追加した未公開楽曲です。

credits

released March 14, 2015

Music / jacket / Lyrics by 8 to 7

Voice
track08:智
track09:AmaneKudoh
track21:結月ゆかり+IA
track22:水螺

tags

license

all rights reserved
Track Name: Blue Bird (feat.智)
朝焼けに背を向け やり過ごした続きを
独り歩く帰り道  光る影伸ばしたまま

甦る   遠い日の
悲しみに  雨音が
流されて  まだ かすか

低い空 昇る陽を待っている

朝焼けに背を向け やり過ごした続きを
白黒の砂嵐  透かし見た世界の色

さよならの言葉は まだ必要ないから
幸せの青い鳥  雨の中追いかけたい
Track Name: Drown Memories (feat.AmaneKudoh)
ありふれた一日の始まり。誰かが不幸と嘆く一日。
栄光、素晴らしき、古きよき、過去。
思い出はいつも美化される。
ありふれた一日の始まり。誰かが幸福と笑う一日。
過ぎ行く今を、人は忘れようとはしない。
寂しさの鳴動と知りつつ、人は過去を振り返りたがる。

誰にだって覚えがある。
目蓋の裏側で消えることのないヴィジョン。
境界線。入り混じるその先にある幻影。
その向こう側にあるであろう幸福を思う。
言葉なき声の訴えと解答。世界の見方は一つだけではない。
祈りは誰かに届くだろうか。
祈りは誰かに届くだろうか。
この爪先が向かう先に、

意味など無いと、
知る日が怖い。

分かっていた。
分かろうとしていた。
分かっていたはずだった。
月日の足音が全てを覆い、時の流れが全てを押し流す。

一人は笑った
一人は信じた
一人は走った
過ごした時間。
交わした感情。
リフレインする記憶の海の中。
辿り着いた対岸に待っていた結末。

そして、誰もが
Track Name: Heartgreen (as 高森藍子)
天気図横切る雨雲 星隠す
離した右手もかじかむ夏の夜
枠に切り取り残した想い 近くで見ていた いつも だけど
飛沫あげる背中消えて 雨の中で震えてる

過ぎていく日々はいつか
優しい日差しに照らされ

縺れる爪先 高鳴る鼓動さえ
抱きしめ行くよ 知らない道を遠く 遠く
優しい笑顔に幸せ感じてる
空にかかる虹 繋いだ手はもう離さない
Track Name: My Sunlight -short edit-
レイゾンデイト 黄昏に翳る街
きっと戻れない道を行く

終わりのその先で
魔法にかけられて

名前も無いあの花を
そっと思い出す
レイゾンデイト 暁に浮かぶ街
今、太陽に口付けを